いろんなクイズ

【母の日に関する雑学クイズ 全20問】高齢者向け!簡単&面白い豆知識問題を紹介!

博士
今回は母の日に関するクイズを紹介するぞ!

知っているようで知らなかった母の日について知るきっかけになるぞ。

全問正解目指して頑張るのじゃ!

【母の日に関する雑学クイズ】高齢者向け!簡単&面白い豆知識問題【前半10問】

博士
まずは10問出題するぞぉ!選択肢の中から正しいと思うものを選ぶのじゃ。

第1問

日本の母の日で、お母さんに贈る花はなんでしょうか?

 

1.カーネーション

2.スミレ

3.スイートピー

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

1.カーネーション

日本の母の日でもお母さんに贈る花は、カーネーションです。

アメリカから伝わってきた行事であるため、そこはアメリカに倣う形になっています。

 

第2問

日本では母の日はいつでしょうか?

 

1.5月の第1日曜日

2.5月の第2日曜日

3.5月の第3日曜日

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

2.5月の第2日曜日

日本の母の日は、アメリカと同じく5月の第2日曜日です。

2021年(令和3年)の場合は、5月9日が母の日になっています。

 

第3問

母の日のギフト向けに特別なカーネーションが人工的に作られています。それは何色でしょうか?

 

1.金色

2.銀色

3.虹色

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

3.虹色

母の日のギフト向けに人工的に作られた虹色のカーネーションがあります。

レインボーカーネーションというもので、オランダで初めて制作に成功し世界に広まったものです。

その名のとおりとてもカラフルなカーネーションで、人工的に染められたものではありますが、「感謝」という花言葉も持っています。

 

第4問

母の日発祥の国はどこでしょうか?

 

1.日本

2.イタリア

3.アメリカ

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

3.アメリカ

母の日は、アメリカ発祥です。

アメリカで戦場の負傷兵の衛生改善活動を行ったアン・ジャービスという女性がいました。

彼女が亡くなって2年後の1907年5月12日に、その娘のアンナ・ジャービスが亡き母をしのんで教会で追悼会を開きました。

祭壇には母が好きだった白いカーネーションを飾り、追悼会の参列者にも白いカーネーションを配ったのが母の日の始まりと言われています。

母の日が広まっていく中で母親が存命の場合は赤いカーネーション、亡くなっている場合は白いカーネーションを贈るようになりました。しかし、近年ではどちらの場合も赤いカーネーションを贈ることが増えています。

 

第5問

母の日に向いていない色のカーネーションはどれでしょうか?

 

1.青色

2.黄色

3.ピンク

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

2.黄色

黄色のカーネーションの花言葉は、「軽蔑」や「嫉妬」であるため母の日向けではありません。

青色のカーネーションの花言葉は「永遠の幸福」、ピンクのカーネーションの花言葉は「女性の愛」や「感謝」、そして定番の赤いカーネーションの花言葉は「母への愛」や「愛を信じる」といったものになっています。

 

第6問

母の日はいつ頃日本に伝わったでしょうか?

 

1.江戸時代

2.明治時代

3.大正時代

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

2.明治時代

母の日は、明治時代の末期にキリスト教の行事として伝わったと言われています。

しかし、当時は現在のように国内で全国的に祝われているような行事ではなくキリスト教の教会で関係者によって行われる行事でした。

 

第7問

1931年(昭和6年)、日本で母の日が制定されましたが、現在とは違う日に定められていました。それは何月だったでしょうか?

 

1.3月

2.4月

3.6月

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

1.3月

1931年(昭和6年)に制定された母の日は、3月6日でした。

大日本連合婦人会が1931年(昭和6年)に結成され、その際に当時の皇后(香淳皇后)の誕生日である3月6日を「母の日」に定めました。

しかし、この段階では普及せず現在のように全国的に広まっていったのは数年後のことでした。

 

第8問

日本に母の日を広めたのは「ある企業」と言われています。その企業はなんでしょうか?

 

1.森永製菓

2.カルビー

3.ブルボン

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

1.森永製菓

日本で母の日を広めたのは、森永製菓です。

1936年(昭和11年)、協力団体と共に「母の日中央委員会」を設立し、翌年に豊島園にて「第1回 森永・母の日大会」を開催しました。

ポスターが貼られたお店が協力する形で招待券を配布し、20万人ものおかあさんを無料で招待しました。

招待券には豊島園の入場券や森永のお菓子の引換券なども付いており、子どもと一緒に楽しく過ごすお母さんたちで賑わったそうです。

これをきっかけに全国的に母の日が知られるようになり、1949年(昭和24年)頃には、アメリカに倣って5月の第2日曜日に母の日が祝われるようになりました。

 

第9問

カーネーションには、ある女性が関係する伝説があります。その女性とは誰でしょうか?

 

1.聖母マリア

2.マザーテレサ

3.ナイチンゲール

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

1.聖母マリア

カーネーションは、「イエス・キリストが十字架にかけられる際、聖母マリアが流した涙が落ちた場所から誕生した花である」というキリスト教の伝説があります。

そのためカーネーションは、母性愛の象徴であるとされています。

 

第10問

日本の5月には母の日以外にも、お母さんに感謝する日があります。それは何日でしょうか?

 

1.1日

2.5日

3.20日

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

2.5日

5月に母の日以外でお母さんに感謝する日は、5月5日です。

5月5日と言えばこどもの日ですが、こどもの日に関しては祝日法2条に、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」と記されています。

 

【母の日に関する雑学クイズ】高齢者向け!簡単&面白い豆知識問題【後半10問】

博士
前半10問はどうじゃったかのう?まだ物足りないという人は次の10問も挑戦してみるのじゃ!

第11問

母の日に贈るカーネーションですが、国内でカーネーションの生産量が最も多いのはどこでしょうか?

 

1.愛媛県

2.静岡県

3.長野県

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

3.長野県

母の日のギフトの定番であるカーネーションは、長野県が生産量日本一です。

長野県では昭和初期からカーネーションの栽培が始まり、国内生産の2割を占めるほどになっています。

ちなみに2位は愛知県、3位は兵庫県であり国内のカーネーションの約半数は上位3県によって生産されています。

母の日の贈り物として手に取ったカーネーションは、もしかしたら上位3県のどこかで生産されたものかもしれませんね。

 

第12問

日本とアメリカの母の日は5月の第2日曜日ですが、他の国はどうでしょうか?

 

1.全ての国が5月の第2日曜日

2.日付は違うが全ての国が5月中

3.国によって月も日付も違う

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

3.国によって月も日付も違う

母の日は、国によって月も日付も違います。

世界的に見ると5月の第2日曜日に母の日を祝う国が最も多く、オーストラリアや中国なども同じです。

しかし、2月に祝う国もあれば8月に祝う国もあるなど様々です。

 

第13問

1年の間に世界で一番早く母の日を迎える国はどこでしょうか?

 

1.スイス

2.ノルウェー

3.イタリア

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

2.ノルウェー

ノルウェーは、2月の第2日曜日が母の日であり、世界で一番早く母の日を迎える国です。

ノルウェーの母の日には、定番の贈り物がなくそれぞれお母さんが好きな物を贈るのが一般的です。

カーネーションのような母の日を象徴する花はありませんが、花も人気の贈り物の1つのようです。

 

第14問

1年の間に世界で最も遅くに母の日を迎える国はどこでしょうか?

 

1.インドネシア

2.カナダ

3.スペイン

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

1.インドネシア

1年の間に世界で最も遅くに母の日を迎える国は、インドネシアです。

インドネシアの母の日は12月22日です。

1928年12月22日に、女性の権利改善を目的とした第1回インドネシア婦人会議が開催されたことを記念して1959年に制定されました。

 

第15問

オーストラリアの母の日には、カーネーション以外の花が贈られます。なんの花でしょうか?

 

1.バラ

2.キク

3.ヒマワリ

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

2.キク

オーストラリアの母の日には、キクの花が贈られます。

オーストラリアでは5月は秋であるため、キクの花が咲く時期です。

また、母親のことを指す言葉に「マム」があります。そして、キクは英語で「chrysanthemum(クリサンセマム)」と言うため縮めて「マム」と呼ばれます。

このことから、オーストラリアでは母の日にキクの花が贈られるようになりました。

 

第16問

韓国には「母の日」というものはありませんが、お母さんともう1人ある人に感謝する日があります。それは誰でしょうか?

 

1.おばあちゃん

2.お姉ちゃん

3.お父さん

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

3.お父さん

韓国には母の日はありませんが「両親の日」といい、お母さんとお父さんの2人に感謝する日があります。この日には赤いカーネーションが2人に贈られます。

母の日と父の日が同時に祝われているようなイメージですね。

 

第17問

アメリカやイギリスでは、母の日にはお母さんにある意外な場所で朝食を摂ってもらう文化があります。それはどこでしょうか?

 

1.お風呂

2.ベッドの上

3.玄関

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

2.ベッドの上

アメリカやイギリスでは、母の日にお母さんにベッド上で朝食を摂ってもらう文化があります。

「ブレックファースト イン ベッド」というもので、ベッドの上まで運んで行った朝食を食べてもらうという行為には感謝の気持ちを伝える意味があります。

母の日にも行われますが、誕生日や記念日などの他の特別な日にも行うことがあるようです。

 

第18問

イギリスの母の日は、ある別の行事の2週間前の日曜日に祝われます。その行事とはなんでしょうか?

 

1.クリスマス

2.お正月

3.イースター

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

3.イースター

イギリスの母の日は、イースターの2週間前の日曜日に祝われます。

イースターはキリストの復活を祝う行事であり、「春分を過ぎてから最初の満月の次の日曜日」と年によって日付が変わります。そのため、母の日が祝われる日も年によって変動します。

 

第19問

ハンガリーの母の日は、5月の第1日曜日ですが、感謝の気持ちを伝える対象はお母さんだけではありません。

誰に感謝の気持ちを伝える日でしょうか?

 

1.お父さん

2.お祖父ちゃん

3.お母さんを含む周りの女性

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

3.お母さんを含む周りの女性

ハンガリーでは、母の日に当たる行事を「女性の日」として祝っています。

お母さんは勿論、お姉さんや妹、お祖母ちゃんまで周囲の女性に感謝の気持ちを込めて花などを贈る日とされています。

 

第20問

ネパールの母の日は、厳密には「母の〇を見る日」です。何が当てはまるでしょうか?

 

1.姿

2.顔

3.手

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

2.顔

ネパールの母の日は、ネパール語で「アマ・コ・ムク・ヘルネ・ディン」と言い、直訳すると「母の顔を見る日」となります。

結婚して実家を出た女性はこの日、手料理やプレゼントを用意して実家のお母さんに会いに行きます。

 

博士
今回のクイズ問題は以上じゃ!君は何問解けたかな?

このサイトではいろんな脳トレクイズを紹介しているから、ぜひ他のクイズにも挑戦してみるのじゃ!

-いろんなクイズ

© 2021 脳トレクイズラボ