連想クイズ

【高齢者向け連想クイズ】全20問!2つのヒントから答えを考えよう

博士
今回は連想クイズを紹介するぞ!頭の良い体操になるぞ!

【高齢者向け】簡単・連想クイズ!2つのヒントから答えを連想しよう【前半10問】

博士
まずは10問出題するぞぉ!2つのヒントから連想される単語を考えるのじゃ。

第1問

  1. 昭和の連絡手段
  2. ダイヤルを回してかける

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:黒電話

黒電話は電話線から供給される電力を使用しています。

そのため電源コードを必要とせず、電話線が無事であれば停電していても使用できるというのが大きなメリットです。

 

第2問

  1. 黄色い食べ物
  2. 皮で滑って転ぶ

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:バナナ

バナナの皮で滑るというのは単なるギャグではなく、バナナの皮には本当に滑りやすい仕組みがあります。

バナナの皮の内側にはゲル状の物質を含んだカプセルのような極小組織が沢山含まれています。それが靴で踏まれた圧力によって潰れ、出てきた液によって滑るようになります。

 

第3問

  1. 羽がある
  2. 夏になると回転する

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:扇風機

近年では羽の無い扇風機がありますが、厳密に言えば羽が無い扇風機にも実際には羽があります。

内部に羽が組み込まれて目に見えないだけであり、その羽によって風が噴射されています。

 

第4問

  1. 夏と冬に開催
  2. 4年に1回

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:オリンピック

オリンピックの5つの輪のマークは、ヨーロッパ・南北アメリカ・アフリカ・アジア・オセアニアの五大陸と、その相互の結合・連帯という意味が込められています。

「青・黄・黒・緑・赤」の5色は、特定の色で特定の大陸を指しているわけではありません。旗の生地の白を加えた6色で殆どの国の国旗を描くことができることから、選ばれた色です。

 

第5問

  1. 初夢
  2. 紫色の野菜

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:ナス

初夢に出てくると縁起が良い物として「一富士二鷹三茄子」が有名です。

実はこれには続きがあり、四扇(しおうぎ)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)と続きます。

「座頭」とは琵琶法師の階級を表す言葉であり、琵琶法師には盲目の人が多かったことから江戸時代には盲目の人の階級を表す言葉としても使われました。

 

第6問

  1. 大勢で巣を作る
  2. 美味しい蜜を集める

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:ミツバチ

1匹のミツバチが一生のうちに集める蜂蜜の量は、ティースプーン1杯程度です。

その量を集めるために合計で1万kmもの距離を飛び回っています。

ミツバチが一生懸命に集めた蜂蜜…、ミツバチたちに感謝して味わっていただきましょう。

 

第7問

  1. 牛乳を発酵させたもの
  2. ピザには欠かせない

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:チーズ

チーズは私たちの生活の中で身近な食材の1つであり、その歴史も非常に古いものです。

ポーランドでは、紀元前5000年頃のものと思われる世界最古のチーズ製造の形跡が見つかっています。

日本人にとってのチーズと言えば牛乳のイメージが強いのですが、ヒツジやヤギのミルクのチーズも存在します。世界最古のチーズはヤギの乳が使われていたと言われており、ポーランドでは現在でもヤギの乳で作ったチーズが広く普及しています。

 

第8問

  1. 数字の語呂合わせでメッセージ
  2. 2019年9月30日でサービス終了

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:ポケベル

ポケベルは当初、数字でしかメッセージを送ることができませんでした。

そのため「49106(至急TEL)」などの語呂合わせメッセージがいくつも生み出されました。

最盛期には文字も送れるように進化しましたが、携帯電話の普及に伴い徐々に利用者が減っていき2019年9月30日でサービスに終止符が打たれました。

 

第9問

  1. 賭け事
  2. 人を乗せた動物が走る

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:競馬

馬が走る速さを競う文化は非常に古くから存在していました。

古代ギリシャでは「チャリオット」という二輪の戦闘用馬車を2頭の馬に引かせて競っており、古代オリンピックの種目にもなっていました。

近代の競馬の基礎は16世紀にイギリスで考案され、それが世界各地に広まっていきました。

 

第10問

  1. クルクル
  2. 負けると相手に取られてしまう

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:ベーゴマ

ベーゴマは大正時代~高度経済成長期にかけて子ども達の間で流行ったものです。

負けると相手にコマを取られてしまうルールが主流であったため、子どもたちは「相手のコマを弾けるように」、「長く回っていられるように」と買ってきたコマを改造して勝負に臨んでいました。

 

【高齢者向け】簡単・連想クイズ!2つのヒントから答えを連想しよう【後半10問】

博士
前半10問はどうじゃったかのう?まだ物足りないという人は次の10問も挑戦してみるのじゃ!

第11問

  1. 白と黒
  2. 将棋に似た海外生まれのゲーム

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:チェス

チェスの起源は、紀元前に古代インドで誕生した「チャトランガ」というゲームだと言われています。

戦争好きの王様に戦争を辞めさせるため、戦いを模したゲームを作ったのが始まりと言われています。

 

第12問

  1. 複数の目がある
  2. すごろくを遊ぶ際には欠かせない

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:サイコロ

サイコロで1の目が赤いのは、日本だけです。

昭和20年頃から1の目だけ赤いサイコロが登場しましたが、それ以前は1の目も黒でした。

「とある会社が他社製品との差別化を図るために、赤く塗ったのが始まり」という説が有名ですが、都市伝説のようなものだったことが判明し、1の目だけが赤くなった理由を明確に示した記録は見つかっていません。

 

第13問

  1. DVD普及前に大活躍
  2. 巻き戻し

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:ビデオテープ

ビデオテープと言えばその名の通りテープを使った媒体であるため、「巻き戻し」という言葉を使っていました。

今でもつい「巻き戻し」という言葉を使ってしまう人もいる程ですが、現在のリモコンには「巻き戻し」ボタンは存在しません。

代わりに「早戻し」という表記になっており、最早「巻き戻し」という言葉はビデオテープを知らない世代には通じないことも珍しくはありません。

 

第14問

  1. カード式や指紋認証式もある
  2. 戸締り

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:鍵

日本最古の物と思われる鍵は、野々上遺跡(大阪府羽曳野市)から出土した7世紀中頃の物と推定される「海老錠」です。

その名の通り、海老が反った姿に似た形をしており門や箱の鍵として用いられていました。

 

第15問

  1. すっぱい食べ物
  2. 日の丸弁当

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:梅干し

梅干しという言葉が初めて登場したのは、平安時代です。村上天皇が梅干しと昆布茶で病を治したという伝承が残っています。

戦国時代には陣中食として欠かせない存在となり、武将たちは梅干しの確保のためにも梅の植林を推し進めていました。

 

第16問

  1. 海産物と同じ名前
  2. これで遊ぶことを「揚げる」という

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:凧

凧揚げは現代でこそ遊ぶ子どもが減ってはいますが、凧自体は子どもに人気のキャラクターが描かれた物が売られるなど今でも身近なお店で買うことができます。

冬休みに凧揚げをして遊ぶ子どもが多かった1970年代には、「電線が無い場所で遊ぶように。もしも引っかかったら電力会社に連絡するように。」という旨の注意喚起のCMが流れる程でした。

 

第17問

  1. 目が悪い人が使う
  2. 目に入れるもの

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:コンタクトレンズ

コンタクトレンズには視力補正のための物と、お洒落などに用いるカラーコンタクトレンズがあります。

現在はどちらのコンタクトレンズも「医療機器」として扱われていますが、カラーコンタクトレンズは最初は医療機器ではありませんでした。

現在では安全性が確保されていますが、視力補正用のコンタクトレンズと違いしっかりした品質検査などがなかったため粗悪品のカラーコンタクトレンズが流通し、最悪の場合失明に繋がるなどの事件もありました。

 

第18問

  1. 白いひげと赤い服
  2. 子どもにプレゼントを配る

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:サンタクロース

サンタクロースのモデルになったのは、聖ニコラウスという司教です。

貧しさのあまり三人の娘を身売りしなければならない家族の存在を知った彼は、その家の窓から3枚の金貨を投げ入れました。その金貨は、暖炉に下げられていた靴下の中に入り、その金貨のおかげで娘の身売りを避けることができた…という話があります。

クリスマスに靴下を用意するのも、この伝承によるものです。

 

第19問

  1. 唇に塗る
  2. 乾燥を防ぐ

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:リップクリーム

保湿効果を与え、唇の乾燥を防ぐリップクリームも塗りすぎると逆効果になります。

使いすぎると摩擦によって唇にダメージを与えることになり、さらには唇が元々持っている保湿機能の低下にも繋がります。

塗りすぎには注意して使いましょう。

 

第20問

  1. 公園にある遊具
  2. 昇って滑り降りる

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

答え:すべり台

すべり台と言えば、公園や幼稚園・保育園にある子どもたちに人気の遊具の1つです。

北海道札幌市のさっぽろ雪まつりなど、積雪地帯の雪に関するお祭りでは期間限定のすべり台として、雪で作られたものが登場することがあります。

 

博士
今回のクイズ問題は以上じゃ!君は何問解けたかな?

このサイトではいろんな脳トレクイズを紹介しているから、ぜひ他のクイズにも挑戦してみるのじゃ!

-連想クイズ

© 2021 脳トレクイズラボ