季節クイズ

【梅雨に関する雑学クイズ全20問】高齢者向け!簡単&面白い三択問題を紹介!

博士
今回は梅雨に関する雑学クイズを出題するぞ!6月に解きたいクイズ問題じゃ。

【梅雨に関するクイズ】高齢者向け!簡単・面白い雑学問題【前半10問】

博士
まずは10問出題するぞぉ!3つの選択肢の中から正しいものを一つ選ぶのじゃ

第1問

なぜ「ばいう(つゆ)」を「梅雨」と書くようになったでしょうか?

 

1.梅が開花する時期だから

2.梅の収穫時期だから

3.梅の木を植えるのに適しているから

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

2.梅の収穫時期だから

「ばいう」を「梅雨」と表記するようになった理由は、「梅の収穫時期だから」です。

現代では「梅雨」と書いて「つゆ」とも「ばいう」とも読みますが、最初は「つゆ」という言葉は存在しませんでした。

「ばいう」は奈良時代頃に中国から伝わって来た言葉であり、中国では「黴雨(カビをもたらす雨という意味)」と表記していました。

しかし、「カビ」という表現はイメージが良くないこと、ちょうど6月頃に収穫を迎える梅(うめ)は「ばい」とも読むことから日本では「梅雨(ばいう)」と表記するようになりました。「つゆ」とも読むようになったのは、もっと後のことです。

 

第2問

梅雨ははじめ「ばいう」と読まれていましたが、後に「つゆ」と読まれるようになりました。

では、梅雨を「つゆ」とも読むようになったのはいつ頃からでしょうか?

 

1.鎌倉時代

2.江戸時代

3.明治時代

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

2.江戸時代

「梅雨(つゆ)」という読み方が登場したのは、江戸時代と言われています。

その由来には、「雨が降り続くことで、植物に朝露が降りたように見えるから」、「降り続く雨によって木から落ちた梅が潰れてしまうから」という2つの説があります。

※2つ目の説の補足:江戸時代は「潰れる」を「潰ゆ(つゆ)」と表現していたため、「梅が潰ゆ雨」ということで梅雨(つゆ)と呼ぶようになりました。

 

第3問

国内で「梅雨がない」とされている都道府県はどこでしょうか?

 

1.北海道

2.沖縄県

3.大阪府

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

1.北海道

北海道には梅雨がないとされています。

梅雨前線が北海道に到達する頃には勢力が衰えており、曇りの日が続くことはあったとしても雨が降らないことが多いです。

しかし、梅雨前線が北海道に到達したタイミングでまだ勢力を保っているケースが全くないわけではなく、豪雨によって大きな被害が出たこともあります。

 

第4問

てるてる坊主はいつ頃から存在しているでしょうか?

 

1.縄文時代

2.平安時代

3.江戸時代

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

3.江戸時代

てるてる坊主は、江戸時代には存在していたと言われています。

当時のてるてる坊主は現在のものとは作り方が違っており、紙で折った人形でした。

祈りを込めて折って飾り、晴天になったら瞳を書き入れて神酒を供え、川に流していたとされています。

 

第5問

てるてる坊主を逆さに吊るすとどんな意味になるでしょうか?

 

1.雨が降ってほしい

2.炎天下になってほしい

3.災いを遠ざけてほしい

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

1.雨が降ってほしい

てるてる坊主を逆さに吊るすと、「雨が降ってほしい」という雨乞いの意味になります。

てるてる坊主の頭部に重りを入れ、頭が下をむくようにして吊るします。

この状態は「逆さ坊主」と呼ばれ、地域によっては「ふれふれ坊主」や「あめあめ坊主」などとも呼ばれています。

 

第6問

紫陽花はある条件によって青系統の花が咲くか、赤系統の花が咲くかが決まります。その条件とはなんでしょうか?

 

1.土の酸度

2.降水量

3.朝の平均気温

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

1.土の酸度

紫陽花は土の酸度によって咲く花の色が決まります。

酸性の土だと青系統の花、中性~アルカリ性の土だと赤系統の花になります。

日本の土壌にはアルミニウムという成分が豊富に含まれています。紫陽花が本来持っている色素は赤系統のものであり、それがアルミニウムと結合すると「青系統の花」が咲きます。

 

第7問

紫陽花の原産国はどこでしょうか?

 

1.中国

2.アメリカ

3.日本

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

3.日本

紫陽花は日本原産の花です。「ガクアジサイ」という品種を元にして改良が行われ、広まっていきました。

海外でも人気があり、ヨーロッパで品種改良されて生まれたものは「セイヨウアジサイ」と呼ばれています。

 

第8問

合羽の語源は何語でしょうか?

 

1.ドイツ語

2.中国語

3.ポルトガル語

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

3.ポルトガル語

合羽は、元々はポルトガル語です。

ポルトガル語の「capa」の当て字として誕生したのが、「合羽」という表記です。

現在ではレインコートのことも「合羽」と言いますが、本来は雨や雪を防ぐために身に着ける外套を指す言葉でした。

 

第9問

湿度が高くなる梅雨時。湿度が何パーセントを超えるとカビが発生しやすくなるでしょうか?

 

1.5%

2.25%

3.65%

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

3.65%

湿度が65%を超えると、カビが発生しやすくなります。

カビは湿度が55%以下では成長しませんが、死んでしまうわけではありません。

お風呂やトイレなどの水回り、家具の裏などはカビが発生しやすい場所であるため注意が必要です。

 

第10問

置いておくだけである程度の除湿効果が期待できる身の回りのものはなんでしょうか?

 

1.新聞紙

2.ティッシュ箱

3.単三電池

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

1.新聞紙

新聞紙は、置いておくだけでもある程度の除湿効果が期待できます。

新聞紙は紙の表面がデコボコしているため、他の紙よりも湿気を吸収しやすくなっています。家具の隙間などの湿度が高くなりやすい場所に丸めて置いておくと湿気を吸ってくれるのでおすすめです。

 

【梅雨に関するクイズ】高齢者向け!簡単・面白い雑学問題【後半10問】

博士
前半10問はどうじゃったかのう?まだ物足りないという人は次の10問も挑戦してみるのじゃ!

第11問

「雨模様」とはどんな天気のことでしょうか?

 

1.小雨

2.大雨

3.雨が降りそうだが降っていない

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

3.雨が降りそうだが降っていない

「雨模様」は、雨が降りそうだが降っていない状態を指しています。

天気予報で「外は雨模様です」という言葉を聞いたら、傘を持って出かけた方が良いでしょう。

 

第12問

海外では天気予報で雨を表すマークとしてどんなものを採用されているでしょうか?

 

1.傘

2.長靴

3.雨雲

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

3.雨雲

多くの国では雨を表すマークとして、雨雲マークを使っています。

傘マークを使っているのは日本と韓国のみです。

 

第13問

傘の水を弾く力を復活させる方法はなんでしょうか?

 

1.ぬるま湯に浸す

2.ドライヤーで温風を当てる

3.冷暗所で1週間放置する

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

2.ドライヤーで温風を当てる

傘が水を弾く力は、ドライヤーの温風を当てると復活します。

傘は「フッ素」を利用して水を弾くための加工がされています。新品の傘はフッ素が綺麗に縦に並んでおり、生地に水が染み込んでこないようになっています。

しかし、傘を使い続けているとフッ素の並びが乱れ、水を弾く力が衰えていきます。そこに温風を当てるとフッ素が綺麗に並びなおすため、水を弾く力が蘇ります。

 

第14問

雨の日、靴の裏にあるものを貼ると滑りにくくなります。それはなんでしょうか?

 

1.絆創膏

2.湿布

3.切手

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

1.絆創膏

雨の日に、靴の裏に絆創膏を貼ると滑りにくくなります。

左右両方の靴の裏のつま先と踵のあたりに1枚ずつ、計4枚の絆創膏を貼るだけです。これにより靴と地面に摩擦が生まれ、滑りにくくなります。

事前に靴の裏の水気や泥などを拭き取らないと、上手く絆創膏がくっつかない点には注意しましょう。

 

第15問

カタツムリの殻を取るとどうなるでしょうか?

 

1.ナメクジになる

2.暫くすると再生する

3.死んでしまう

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

3.死んでしまう

カタツムリの殻を取ると、死んでしまいます。

カタツムリはナメクジが貝殻を背負っているわけではなく、生まれた時から殻を持っています。

カタツムリの殻は完全に体の一部であり、臓器も入っています。そのため殻を取られたカタツムリは長く生きることはできず死んでしまいます。

 

第16問

カタツムリが殻を維持するために食べているものはなんでしょうか?

 

1.コンクリート

2.オタマジャクシ

3.水草

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

1.コンクリート

カタツムリは、殻を維持・形成するためにコンクリートを食べています。

カタツムリの殻は炭酸カルシウムという成分でできており、炭酸カルシウムはコンクリートにも含まれているため、カタツムリはコンクリートを食べるようになりました。

炭酸カルシウムを摂取していれば殻が割れたり、傷がついたりしても殻が外れるような致命傷でなければ成長と共に再生していきます。

 

第17問

アベコベガエルという珍しい蛙がいます。その特徴はなんでしょうか?

 

1.オタマジャクシの頃の方が大きい

2.オタマジャクシの頃の方がジャンプが上手い

3.オタマジャクシの頃に鳴き、蛙になると鳴かない

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

1.オタマジャクシの頃の方が大きい

アベコベガエルは、オタマジャクシの頃の方が大きいという特徴があります。

オタマジャクシの頃は約25cm程ですが、蛙になると5㎝程の大きさに縮んでしまいます。

なぜ成長すると子どもの頃の4分の1程の大きさになってしまうのか、それはまだ分かっていません。

また、アベコベガエルの皮膚に含まれている成分にはインスリンを分泌させる働きがあり、糖尿病の治療に役立つと考えられ研究が進められています。

 

第18問

梅雨を指す言葉に「〇〇雨」というものがあります。当てはまるものはどれでしょうか?

 

1.四月

2.五月

3.六月

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

2.五月

梅雨を指す言葉に、「五月雨(さみだれ)」というものがあります。

五月雨は、旧暦の5月に降り続く雨を指す言葉です。旧暦の5月は現代で言えば6月に該当するため梅雨を指す言葉であると言えます。

また、梅雨は雨が長く降り続くことから、「断続して長い間だらだらと続くこと」という意味の「五月雨式(さみだれしき)」という言葉も生まれました。

 

第19問

梅雨入りしたのに、梅雨とは思えない程雨が少ないことをなんというでしょうか?

 

1.空梅雨

2.偽梅雨

3.青梅雨

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

1.空梅雨

梅雨入りしたのに、梅雨入りしたとは思えない程雨が少ない状態を「空梅雨(からつゆ)」または「照り梅雨」と呼びます。

「雨の日が何日以下」や「降水量が何mm以下」などの明確な基準が定められているわけではありません。

降り続く雨が鬱陶しく感じる時期ではありますが、梅雨は農作物の成長やダムの貯水量にも関係してくるため、私たちが生きていく上では重要な存在でもあります。

 

第20問

童謡「あめふり」の歌詞に登場する「じゃのめ」とはなんでしょうか?

 

1.自転車

2.和傘

3.レインコート

 

+ 答えを見る(こちらをクリック)

2.和傘

「じゃのめ」とは、「蛇の目傘」という和傘の1種です。

石突を中心に中を白く、周辺を黒・紺・赤などで太く輪状に塗り、蛇の目模様を表した和傘が「蛇の目傘」です。

現代でも生産はされていますが、安価な傘が広く普及したため日常生活で活用する人は少なく、和傘自体が高級品であるため気軽に買うのは難しいと言えるでしょう。

 

博士
今回のクイズ問題は以上じゃ!君は何問解けたかな?

このサイトではいろんな脳トレクイズを紹介しているから、ぜひ他のクイズにも挑戦してみるのじゃ!

-季節クイズ

© 2021 脳トレクイズラボ